上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070731203144.jpg


放置から帰ったら

お供えされていた

超ツボです


やった人グッジョブbb

スポンサーサイト
20070728173924.jpg



ほわちゃー







































20070728174047.jpg

どん












とゆうわけで八個③野獣化しました
なんか
自分の有用性と無用性について考えていたのです

自分が必要か必要じゃないかと考えたとき
きっとそれは必要なのではなく
当然のように無用とされて
でも、「愛される=必要」では無いのだから

愛すべき存在を
なぜかわれわれが忘れてしまうのは
それそのものが必要ではないから

自我が個人と繋がっているなんて大嘘
自我が自己の身体と結びついているなんて大嘘
自我とゆうものは多数の共存する他者と繋がっており
多くの他者とのつながりの中の一つとして個人とのつながりが存在してるのです。
いつだって私が貴方になり貴方が私になる可能性を包括している
だから
私が消えた後に私とそっくりの誰かが浮かび上がるなんて造作も無い事
私に代わる誰かなんていくらでも生まれる

それでも
私は愛された

はっきりいえる
私は消えていく
記憶から消えていく
それは必要ないから
でも
必要とされないことは愛されない事と同意義ではない

私がここに存在するのは誰からも必要とされてないからこそ
けれど
私がここに存在することは愛されているからこそ


そんなことを考えてました。










ファルルさんのコメントへの返信みたいな感じで下の記事にコメントしたけど

一つの記事として使えそうだったのでココに置いとくw
まず、

ありがたかったんです

コメントもらえるって

ありがたいことなんだって

よく分かりました


そして、

こうゆうことをしないと

自身の必要性を感じることが出来ない卑しい自分をお許しください


前よりはずいぶんと傾向が軽くなりましたが

うちはほんとに人間嫌いで

まず、人間に興味が無くて

でも人間が大好きで

自分の価値を人間の中の最低において

物事を考えてました

(今はほとんど大丈夫なのですよー



そして

人から必要とされたいと

そのためには自分の価値をあげないと、と

終わりの無い虚栄に走っていたのです

面白いことを書き続ける

なるべく嫌な「自己」を出さない

そのことを信念に始めようとしたのですが・・・

やっぱり中の人が前面に出てくる記事となり

結局はグダグダに




ありのままの自分

そうゆう事を無視しておりました

自分が自分のままでいて、

そうだからこそ素晴らしいことなんだ

その事に素で気が付けたのです


そしたら

またココを続けたくなりました

前の自分と今の自分

そして今の自分を見つめたいと思うだろう未来の自分

その人たちのことを想像しながら






これから書いてゆくことは

ほんとにつまらないものとなりましょう

むしろ

更新の無い間が一番つまらなかった事でしょう

それでも

前日のように見に来てくれる人が居た

「七個」とゆう人格に興味を持ってもらえた

それだけで充分なのです。


興味は永久じゃないでしょう

一秒後には変わるかもしれない

そもそも永遠など個人において存在し得ないのだから

そんなのどうだって良い

その一瞬の気持ちを

うちは墓場まで持っていって見せますよbb




ありがとう。




DEAR FRIENDS.

I WANNA KISS YOUR SMILES.
ココを覗いてくださる人が

まだどれだけ居るのだろうと思案する


それはとても有難いことであり

同時にとても申し訳のないこと




ココの存在を覚えてくださる人が

まだどれだけ居るのだろうと邪推する


それはこのブログがココに存在した意味であり

同時になんでもなかったという証明





難しい事は置いておいて

ブログを再開するべきかせざるべきか

本気で悩んでいる

再開するとしても

前のように面白いことを書こうと悩みたくは無い

自由に

くだらない事を書いていきたい


それが受け入れられるかどうか

それが問題







DEAR FRIENDS ?

TO BE OR NOT TO BE ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。